サポート

○ 年間保守サービスの内容

デ変研QCライブラリの開発・サポートは、「株式会社データ変換研究所」が行っています。

お問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。(未設置)

1.トラブル対応

(1) トラブルコール受付

ソフトウェアの操作・機能に関する質問、また不具合に関する内容の受付を電子メールもしくはFAXにて行います。このとき、契約記載番号(お客様ID)、質問の対処、又は不具合の切り分けに必要な情報(現象、システム環境設定など)をご提供いただきます。

(2) ご質問と回答

E-MailもしくはFAXで受け付けた操作・機能に関する質問、又は不具合に関する問い合わせに対し、回答および技術情報の提供を行います。

(3) ソフトウェアトラブルの切り分け

E-MailもしくはFAXで受け付けたソフトウェアトラブルに関する質問、または不具合に関する問い合わせに対し不具合の状況の把握を行います。

(4) 回答又は支援業務の報告

上記のサービスは、お客様のお問い合せ発生日より弊社営業日5日以内にE-MailもしくはFAXにて回答するものとし、未解決の案件については、改訂版の作成と提供などの回答または支援業務の報告を継続して行うものとします。

2.バージョンアップ版の提供

ソフトウェアがバージョンアップされた場合、無償でバージョンアップ版の提供を行います。

3.保守の対象とならない場合

本ソフトウェアを使っている、OS上の問題、ミドルウェアの問題が原因となるもので、弊社ソフトウェアの変更をいくらおこなったとしても解決に至らない環境上の問題は、保守ができません。また、一部分の対処が他の部分の不具合を起因し、トレードオフを生ずる場合も同様です。

4.年間保守契約

年間保守契約とは、前項改定版やバージョンアップ版の対象ソフトウェアをインターネット上で使用することを許諾する権利を含めています。また、サイトのリニューアル後の情報取得の可能性の再調査などのサービスも含んでいますので、毎年の契約更新をおすすめしています。

○ 国際化対応の考え方

Dehenken(株式会社データ変換研究所) で国際的な市場での使用の可能性は十分にありますが、当社のリソースの関係で日本以外の地域では、言語的な理由で、日本で行っているのと同等の水準でサポートを実施することができません。

ご理解くださいますようにお願いしいたします。